アコムの初回限度額はいくら?

アコムで借りられる利用限度額は、審査によって決まります。
アコムの限度額は1万円~800万円とありますが、「自分の年収でどれくらい借りられるんだろう……」と疑問に思いますよね。

そこで今回は「アコムの初回限度額」「限度額を決めるポイント」「限度額を高くするためのコツ」などを解説していきます。

アコムの限度額は年収だけでなく、総量規制、スコアリング、他社借り入れなどの複数の要素で決まります。

この記事を読めば、アコムで一体いくら借りれるのかといった疑問が解消されますよ。

アコム公式バナー

アコムの利用限度額は審査で決まる

アコムオペレーター「アコムの限度額は審査で決まります。」

アコムを申し込む際は、申込時に希望限度額を入力します。あなたが借りたい金額を記入する、ということです。

ただし申込者が申告した希望限度額は、必ずその通りに決まるわけではありません。

利用限度額は審査で決定され、審査結果と一緒に申込者に案内されます。

アコムの利用限度額が決まる流れ

  1. 申込者が希望限度額を入力する(1万円~800万円)
  2. 申込内容、信用情報、提出書類を審査して限度額が決定
  3. 申込者へ決定した利用限度額が通知される
  4. 申込者が限度額を確認し、問題なければ契約手続きをする

つまり希望限度額として30万円と入力しても、審査によっては限度額が10万円になる場合もありますし、30万円を超える金額が通知されることもあります。

「審査で限度額が決まるなら、なぜわざわざ希望額を聞くの?」と思ったかもしれませんね。

アコムをはじめとしたカードローンの審査で、希望限度額が50万円を超える場合や、他社との借り入れを合わせたときに100万円を超える場合は、収入証明書類の審査も必須となります。

そのため、申込者に希望額を確認する必要があるのです。
希望限度額が高額になるほど、審査が厳しくなるだけでなく、審査に時間もかかります。

初回の限度額はあまり高額で融資されることはなく、また限度額が多いとその分必要以上にお金を借りてしまう可能性があるため、必要以上に希望額を上げすぎないことをおすすめします。

オペレーター

アコムなど消費者金融では1万円から、銀行カードローンでは10万円から限度額を指定できるケースが多いです。「借り過ぎを防ぎたいので、とりあえず少額からはじめたい」という人は、1万円から限度額を設定できる消費者金融がオススメです。

アコムのはじめての限度額はいくら?

アコムオペレーター「初めての方には20万円ほどご融資しております。」

アコムをはじめて利用するとき、いくら借り入れできるのかは気になるポイントですよね。

結論からお伝えすると、初回限度額はおおまかに10万円〜30万円、多くても50万円以下がほとんどです。

その理由について解説していきます。

初回限度額は10万円~30万円と考える

アコムをはじめて利用する人の限度額はおおよそ10万円~30万円です。その根拠は、初回貸付単価(アコムが初回に融資する金額)にあります。

アコムのデータブックによると、2023年12月の初回貸付単価の平均は16.8万円。年収ランク別に見ると次の通りです。

アコムの初回貸付単価(年収別)

申込者の年収ランク 初回貸付単価 割合(新規顧客)
200万円以下 11.7万円 26.8%
200万円超 500万円以下 17.2万円 62.6%
500万円超 700万円以下 24.3万円 7.1%
700万円超 1,000万円以下 30.0万円 2.6%
1,000万円超 40.4万円 0.9%
全体平均 16.8万円

※参照)アコムデータブック2024年第3四半期

上の表からもわかる通り、年収が1,000万円超の人でも、初回貸付単価は約40万円にとどまります。おそらく想像よりも初回限度額が低いと感じる人が多いのではないでしょうか。

アコムは無担保ローンという特徴から、保証人や担保がなくても利用できる代わりに、返済能力の審査と信用実績で融資を行います。

そのため、まだ実績のない新規顧客に対しては利用限度額をおさえ、段階的に限度額を増額していく傾向にあるのです。

アコムの初回限度額が50万円以下になる理由

金融庁のガイドラインによると、窓口での簡単な審査によって貸すことができる金額は50万円までか、申込者の年収の10%相当であるとし、その金額を超えると過剰貸付け等禁止の規定に違反するとされています。

過剰貸付けの判断基準
貸金業者が貸付けを行うに当たって、当該貸付けが資金需要者の返済能力を超えると認められるか否かは、当該資金需要者の収入、保有資産、家族構成、生活実態等及び金利など当該貸付けの条件により一概に判断することは困難であるが、窓口における簡易な審査のみによって、無担保、無保証で貸し付ける場合の目処は、当該資金需要者に対する1業者当たりの貸付けの金額について50万円、又は、当該資金需要者の年収額の10%に相当する金額とすること。

このように金融庁で50万円を超える融資は過剰な貸付のボーダーラインに設定されているため、アコムでも初回申込者には50万円までしかお金を貸さないようにしていると考えられます。

かり太郎

アコムの最高融資額は800万円なのに、実際とはずいぶん差があるな…。

オペレーター

アコムに限らず金融機関が提示する最高融資額は、あくまで上限です。実際はその範囲内で、審査によって個別に限度額が決まります。アコムの利用目的は生活費などが多く、実際は50万円以下で十分なケースがほとんどです。もし高額の融資が必要なら、アコムより金利が低い「銀行カードローン」や、あらかじめ利用用途が決まっている「目的別ローン」も検討しましょう。

アコムの利用限度額を決める3つのポイント

それでは、アコムの利用限度額を決める3つのポイントについて紹介します。

アコムの利用限度額を決めるポイント

  1. 総量規制のルール内であるか
  2. 属性のスコアリングで評価する
  3. 個人信用情報も影響する

1. 総量規制のルール内であるか

総量規制とは、アコムなど貸金業者(消費者金融)から借りられるお金の総額の上限を規制する法律です。

アコムでは総量規制のルールに従い、個人に貸付できる金額は年収の3分の1以内におさめる必要があります。

まずは、これが限度額を決めるときの大前提となります。ただし、これはアコム1社だけの貸付ではなく、他社も含むのが重要なポイント。

たとえば年収300万円のAが、すでに他社で30万円を借りた状態でアコムに申し込むと考えてみましょう。

年収300万円であれば、借入総額は3分の1の「100万円」に制限されます。

そこから他社の借入残高「30万円」を引いて、Aさんがアコムで借りられるのは「70万円」までです。

かり太郎

住宅ローンや奨学金で年収の3分の1の借り入れがありれば、アコムの借り入れはできないということですか?

オペレーター

総量規制に該当するのは、貸金業者(アコムと同じ消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠)の借り入れです。住宅ローン、カードローン、奨学金、銀行カードローンなどは該当しません。

かり太郎

なるほど!銀行のカードローンも、総量規制の対象外なんですね。

オペレーター

銀行カードローンは銀行法に基づき融資を行うので、貸金業法の制度である総量規制には該当しません。ルール上は年収の3分の1以上の借り入れも可能です。ただし銀行カードローンの場合も、総量規制と同等あるいは年収の2分の1を貸付の目安にしていると言われます。

※ 参照:金融庁 貸金業法Q&A「総量規制の対象となる貸付」

2. 年収や勤続年数などの属性のスコアリングで評価する

アコムの利用限度額を決める2つ目の要素は、スコアリングです。

スコアリングとは、利用者が申告した年収・勤続年数・雇用形態・勤務先の規模・家族構成などの個人情報一つ一つに点数をつけていくことです。

アコムはこのスコアリングシステム(自動与信審査システム)を採用することで、迅速な審査を実現しています。

そしてスコアリングは審査の合否の判定に使われるだけでなく、限度額の設定基準にもなります。

スコアの点数によって融資する限度額が予め決まっているため、スコアが決まれば限度額の金額を即座にはじき出せるのです。

申込時に入力する個人情報は、あなたの属性スコアリング(=限度額)に直結しているというわけですね。

一般的に、スコアリングで有利とされる属性は以下のような項目です。

スコアリングで有利な属性

審査項目 有利な基準
年齢 働き世代といわれる20代後半~50代前半が有利(申込み対象年齢は成人以上)
雇用形態 公務員>正社員>派遣社員・自営業者>パート・アルバイトの順に有利
勤務先 会社の規模が大きいほど有利
年収 金額が大きいほど有利だが、安定性を重視(歩合ではなく固定給が有利)
勤続年数 3~5年以上が有利、1年以下では不利になることも。長いほど有利。
居住形態 家は賃貸ではなく持家が有利(住所が変わりにくく連絡が付きやすいため)
ローンの比率 年収に対するローンの比率が低いほど有利(この場合のローンは、住宅ローンや銀行カードローンも含む)
家族構成 扶養家族があれば安定性が高く有利。収入が生活費にまわるので返済能力で不利と判断されることも。個別のケースによって判断される。

※ スコアリングの基準は各社非公開なので、あくまで目安として参考にしてください。

審査が不安な人はアコムの「3秒診断」を使ってみる

もし他社借り入れなどがあって不安な人は、アコムに申し込む前に、アコム公式サイトの「3秒診断」をしてみてください。

年齢と年収、他社の借り入れの3点を入力するだけで、借り入れできるか事前にチェックできます。

あくまで事前シミュレーションなので、実際に申し込んだ審査結果とは異なる場合がありますが、アコムの公式サイトで簡単に試せるので参考にしてみてください。

3. 個人の信用情報も限度額に影響する

限度額を決める最後のポイントは、個人信用情報です。

個人信用情報とは、申込者の過去のローンやクレジットカードの支払い履歴のことで、審査の際に参考にされます。

その際に「長期延滞」「不払い」「債務整理」などのトラブルが記録されていれば、アコムは審査落ちになる可能性が高いです。

また、審査落ちにならなくても、限度額が10万円など少額に抑えられる可能性もあります。

このように、信用情報の内容も限度額にも影響すると考えられます。

アコムの審査で限度額を少しでも高くする3つのポイント

利用限度額は高いほど、急な出費や自己投資などにも対応できるので嬉しいですよね。そこでここでは、限度額を少しでも高くするためのポイントを3つ紹介します。

アコムの限度額を高くするポイント

  1. 使っていないカードローンを解約しておく
  2. 年収や勤続年数などの申告をごまかさない
  3. 収入証明書で年収を証明する

1. 使っていないカードローンを解約しておく

他社の借り入れ件数は、少なければ少ないほどアコムの限度額の決定には有利です。

過去に借りたことがあるプロミスやアイフルなどのカードローンを、使っていないのにそのままにしている人は、解約手続きをしておきましょう。

「いつか必要になったときのために」と思って、完済した後も契約を残している人も多いですよね。契約状態であることを忘れている人もいるかもしれません。

ですが、たとえ使っていなくても契約が残っていれば、他社の借り入れ1件としてカウントされるので注意しましょう。

2. 年収や勤続年数などの申告をごまかさない

「年収を少し盛って申請してもバレないだろう。」

そう考える気持ちもわかりますが、申告をごまかしても高い確率でアコムは嘘をつきとめます。

たとえば信用情報には、他のカードやローンを契約したときの勤務先情報などものっているので、それを見れば相違は明らかです。

また少しでも不審な点があれば、アコムは収入証明書の提出を依頼します。

もし嘘がバレると、限度額が低めに制限されるどころか、悪質と見なされてると審査落ちの原因にもなるのです。

少しでも高い限度額を希望するなら、個人情報は間違いのないよう正確に入力するのが近道です。

3. 収入証明書で年収を証明する

アコムでは、「アコムの利用限度額が50万円を超える」場合と、「アコムの利用限度額と他の貸金業者からの借入合計が100万円を超える」場合に収入証明書が必要です。

ですが、この条件に該当しない場合でも収入証明書類を提出しておくと、申告ベースではなく「書面」で年収を確認できるので、返済能力の証明にとても有効的です。

返済能力を示すことは、少なからず限度額に影響します。そのため限度額にかかわらず、収入証明書を出すというのも限度額を上げるのに有効なのです。

なお、収入証明書類はつぎのうちから直近のものを1点準備しましょう。

アコムに提出できる収入証明書

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(2ヶ月分、あれば賞与明細書も)
  • 納税通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

アコムの限度額についてよくある質問

ここでは、アコムの利用限度額についてよくある質問に答えていきます。

アコムの限度額は引き上げできる?(増額申請)

アコムでは、一度決まった限度額を後から引き上げすることができます。また利用開始から半年ほどすると、アコムの方から増額案内が来るケースもあります。増額するときは申請のうえ審査を受ける必要がありますが、増額が認められれば、すぐに追加でキャッシングができて便利です。

アコムの限度額は引き下げもできる?(減額申請)

アコムでは、あとから利用限度額を引き下げることも可能です。アコムのカードローンデスクに電話をし「あまり使わない」「使いすぎを防ぎたい」など、理由を話して減額申請をしましょう。たとえば限度額を30万円から10万円へ引き下げたい場合、最低でも利用残高を10万円まで返済した状態で申請しないと受付られませんのでご注意ください。

アコムの限度額は1万円単位で指定できる?

アコムの利用限度額は、1万円きざみで設定できます。20万円でもいいですし、22万円でも可能です。また最低限度額は1万円からなので、極端に言うと希望額を1万円で申請することもできます。ただ審査に通れば少なくとも5万以上からの限度額で設定される可能性が高いでしょう。

アコムの利用限度額を確認する方法は?

アコムを利用中に限度額を確認したくなった思ったら、マイページやスマホアプリからいつでも確認できます。アプリを開いたトップ画面に「ご利用可能額」があり、これが限度額の残り枠です。また「残債務合計」が、借り入れの残高ですので、これらを合計した金額が限度額(契約極度額)になります。またATMで借り入れ・返済を行う人は、ATMの利用明細書でも確認できます。

【まとめ】アコムの限度額を知って計画を立てよう

今回はアコムの初回限度額を中心に解説しました。アコムでは年収と希望限度額のバランスがよければ希望通りの限度額になる可能性もあります

ただし、アコムなど消費者金融は総量規制により、年収の3分の1を超える金額は借り入れできません。

そもそも限度額は審査によって決まり、返済能力に見合った金額が設定されています。

審査をスムーズに終わらせるためにも、限度額は必要以上に高額を希望しないほうが賢明でしょう。

オペレーター

アコムでは増額審査を受けることで、限度額の引き上げも可能です。すでにアコムを利用していて今すぐ追加借入したい人は、「アコムの限度額の増額方法」の記事にまとめていますので、こちらをご覧ください。