アコムの審査に落ちた原因とは?

アコムの審査に落ちてしまったら、「他のカードローンでもお金を借りることはできないんじゃないか……」と不安に思いますよね。

ですがアコムに落ちたからといって、他のカードローン審査にも落ちるとは限りません。

ただ、次のカードローン審査に通るためにも、アコムの審査に落ちた原因を知っておきたいですよね。残念ながらアコムに問い合わせをしても、審査に落ちた理由を教えてもらうことはできません。

そこでこの記事では、アコムの審査に落ちる理由として考えられるポイントを紹介します。

これから紹介する審査に落ちる理由を見て、あなたにあてはまるものを見つけてください。審査落ちの原因がわかれば、次の審査に備えて十分に準備ができるはずです。

オペレーター

もしアコムを申し込む前にこの記事を読んでいる方は、アコムの審査対策として参考にしていただければと思います!

アコムの審査に落ちたけどお金を借りたい人はこちら

アコムは仮審査で審査結果がほとんど決まるって本当?

審査落ちの理由の前に、まずはアコムの審査の仕組みを見ておきましょう。アコムでは仮審査本審査という2段階の審査で、融資の可否を判断しています。

アコムの仮審査と本審査の違い

仮審査 ・属性(年収、勤続年数、雇用形態など)をコンピューターが自動採点しスコアリング判定する
・信用情報を参照する
本審査 ・申込者の申告内容に嘘や矛盾がないか確認する
・提出書類のチェック

仮審査では属性がアコムの設定する基準をクリアできないと、審査に落ちてしまいます。

属性はコンピューターによる自動採点なので審査はすぐに完了。実はアコムの迅速な審査が実現できるのは、この自動審査によるものなのです。

そして仮審査のもう一つのハードルは、信用情報です。もし過去の借り入れでトラブルがあったりすると、場合によっては審査に通らない可能性があります。

ただ、この仮審査が通れば、ほぼアコムでの借り入れは可能となります。というのも、本審査は最後の仕上げで申込内容に偽りがないか確認するだけだからです。

申込内容に間違った情報がなければ、本審査で落とされることはないでしょう。

次にアコムの審査に落ちる理由を紹介しますが、そのほとんどが仮審査で審査落ちになります。では早速、アコムの審査に落ちる理由を紹介します。

アコムの審査に落ちる6つの理由

もしアコムで審査に落ちてしまったら、必ず原因を推測しましょう。次の審査を受けるまでにそれを改善できれば、次回の審査通過率を高められるからです。

ここでは、アコムで審査落ちとなる6つの理由を紹介します。

アコムの審査に落ちる6つの理由

  1. 信用情報に問題がある
  2. 安定した収入がないと判断された
  3. 年収に対して希望借入額が多すぎる
  4. 他社の借り入れ件数が多すぎる
  5. 複数のカードローンに同時に申し込んだ
  6. ウソの内容を申告した(本審査)

1. 信用情報に問題がある

アコムの審査では、必ず申込者の信用情報を確認します。信用情報とは、ローンでお金を借りたり、クレジットカードで支払った履歴のこと。

それを見れば、どれだけお金をきちんと支払ってきた人なのかがわかります。アコムが信用情報を確認したとき、何らかのトラブル情報(事故情報)があれば審査を通さないことがあります。

とくに以下のようなトラブルが確認されると、審査落ちの可能性は非常に高いです。

アコムの審査落ちの原因となる事故情報

  • 2ヶ月以上の長期延滞
  • 債務整理(過払い金請求や任意整理など)
  • 強制解約など

日本には3社の信用情報機関が存在しますが、アコムが加盟するのはCIC・JICCの2社です。

日本の信用情報機関3社

信用情報機関 登録している情報
シー・アイ・シー(CIC) クレジットカードや信販会社での滞納、携帯電話料金の未払い
日本信用情報機構(JICC) 消費者金融会社での滞納など
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 銀行や信用金庫での滞納

アコムでの借り入れに関しては、CICとJICCに記録が残ると考えましょう。

アコムが加盟しないKSCは主に銀行や信用金庫での信用情報が登録されています。一見アコムの審査に関係ないように思いますが、3社はそれぞれに情報を共有しており、アコムの審査の際はCIC、JICC、KSCすべての登録内容を確認します。

オペレーター

信用情報の記録は、一定期間がすぎれば自動的に消滅します。ただし、長期延滞の登録期間は5年間と長いので、長期にわたり新規のローン審査に影響があるでしょう。

2. 安定した収入がないと判断された

アコムではアルバイト・パートなど、非正規雇用の人でも借り入れ可能です。

ただし勤続年数が短か過ぎる、月によって収入に差があり過ぎるなど、安定した収入と認められなければ審査に落ちになります。

そのため転職したての人は、最低でも数ヶ月以上は、同じ職場で働いてから申し込むといいでしょう。

また日給制のアルバイトは月によって勤務日にばらつきがあり、審査では安定した収入とみなされないことが多いので、週4日などシフト制のアルバイトであると通過しやすいです。

なお本人に収入のない、専業主婦や無職(休職中)の方は、申し込んでも審査落ちとなります。

3. 年収に対して借入希望額が多すぎる

アコムからの借り入れは、総量規制という法律により、年収の3分の1までに制限されます。

もし年収300万円の人が、200万円の希望限度額で審査を受けたとします。すると年収の3分の1を超えるため、限度額の減額、または審査落ちにつながるでしょう。

さらに重要なのは、総量規制はアコム1社ではなく、他社からの借入総額で算出されることです。他社ですでに年収の3分の1まで借り入れていれば、アコムは審査落ちの可能性が高いでしょう。

なお、他社借り入れとは、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠のみです。

以下のローンは対象外なので、総量規制に含める必要はありません。

総量規制に含まれない借り入れ

  • クレジットカードでのショッピング※
  • 銀行カードローン
  • 住宅ローン
  • 自動車ローンなど

※クレジットカードのキャッシング枠を使った借り入れは、総量規制の対象です。

オペレーター

生活費の補填などが目的であれば、希望限度額は20万円~30万円ほどがオススメです。アコムの新規貸付時の平均金額が17万円前後というデータからも、初回限度額は低めであることがわかります。審査通過を優先するなら、必要最小限の希望限度額で申し込むといいでしょう。

4. すでに複数社から借入している

他社からの借り入れ金額が多いと、アコムの審査に通りません。

これは先ほどお伝えした総量規制によるものですが、借り入れ「件数」が多すぎても審査落ちの原因となります。

「借入件数が多い」というのは、目安として借入件数が4件以上のことを指すと考えてください。

ただ、そもそも複数の金融機関から借りている時点で、どこからも借りていない人に比べると審査は厳しくなります。

5. 複数のカードローンに同時に申し込んだ

アコムと同時に別のカードローンに申し込むと、それが原因でアコムの審査落ちになる可能性があります。

この状態を一般的に「申し込みブラック」といいます。

審査通過の可否に関わらず、信用情報機関にはカードローンの申し込みから記録がはじまるため、アコムが信用情報をチェックした際に、複数のカードローンに同時に申し込んだことが知られることもあるのです。

他社申し込み情報は6ヶ月保存されるので、短期間に複数の申し込みをした場合も、審査落ちとなる可能性があります。

「少し厳しすぎるのでは?」と思うかもしれませんが、利用者の多重債務を回避するためには仕方がない部分ともいえます。

6. ウソの内容を申告してしまった

アコムの審査に通りたいがために、収入を多めに申告したり、勤務先をごまかしてはいけません。

申請内容にウソがあれば、故意であるかに関わらず審査落ちとなる可能性があります。

とくに「年収」「他社の借り入れ」「勤務先」などのウソは見抜かれやすいでしょう。

というのも、アコムは毎月何万人もの新規申込者の審査をしています。

たとえば過去の利用者データと比較して、同じ業種の平均値からかけ離れていれば、源泉徴収票など収入証明書の提出を求めるのです。

すると、年収のごまかしなどはすぐにわかります。

また審査の一環として取り寄せる信用情報を見れば、他社借り入れ状況や、以前にカードを作った時の勤務先情報などもすぐにわかります。

アコムの審査回答が遅い時はこちらから確認する

アコムの審査に落ちても、連絡は必ずもらえる

アコムから本審査の回答が来ないとき、考えられる理由は次の通りです。

アコムの回答が来ない原因

  • 審査の時間外に申し込んだ
  • 審査が保留になっている
  • 単純に審査が難航している

1つ目の審査時間ですが、アコムが審査を実施するのは、土日祝日を含む9時から21時。それ以外の時間に申し込めば、審査回答は翌日の朝9時以降になります。

ですから、審査回答を行う時間まで待つようにしましょう。

2つ目の審査の保留については、たとえば「書類に不備がある」などです。

申込者側が対応すべきところで止まっている可能性があるので、アコムから携帯へ連絡がきていないか確認してください。

3つ目の審査が難航している理由としては、先述の、審査落ち7つの原因のいずれかに該当している可能性が高いです。

他社借り入れ件数が多かったり、信用情報に少々難があったりすると、確認に時間を要しているからです。こちらで対処できることはありませんので、結果を待つしかありません。

なおアコムでは審査に通っても落ちても、必ず回答があります。

しばらく待っても回答が来なければ、アコムのフリーダイヤル(総合カードローンデスク)に電話で問い合わせましょう。

オペレーター

アコムのフリーダイヤルの営業時間は、平日の9時から18時まで。土日祝は休業日です。

アコムの審査に落ちたときの2つの対応策

アコムに落ちてしまっても、お金が必要な状況は変わらないですよね。アコムの審査落ちをしたあとでもお金を借りるには、2つの方法があります。

アコムで審査落ちしたらどうする?

  • アコムに再申し込みをする
  • 他のカードローンに新規で申し込む
オペレーター

アコムは再申し込みも可能ですが、審査に落ちてすぐにはオススメしません。それよりも、アコムとサービスが近い他のカードローンを検討してみましょう。

半年経ってからアコムに再申し込みをする

アコムの審査に落ちても再申し込み可能

アコムの審査に落ちても、もう一度申し込むことは可能です。もし再度申込みをするなら、信用情報から申込履歴が消えるまでの半年は間をあけることをおすすめします。

ただし、最初の審査と状況が変わらなければ、二度目の審査も同じ結果になる可能性が高いです。

少なくとも、年収がアップするなどプラスの材料があったり、初回の審査落ちの原因が改善されている必要があります。

アコムへ再申込みをして審査通過しやすい例

  • 収入がアップしたり、賞与の支給が増えた
  • 他社の借り入れを返済した
  • 前回の審査落ちの理由がケアレスミスだった

他社のカードローンに新規で申し込む

アコムが保証会社ではないカードローンなら審査に通る可能性あり

すぐにお金が必要な場合は、アコム以外の他社カードローンを利用する選択肢もあります。

実際に2社目の審査で融資を受けられた、という口コミも少なくありません。

というのもカードローン各社の審査基準は、各社で若干違うので、アコムの審査に落ちても他社なら利用できる可能性があるからです。

ここで注意したいのが、保証会社(審査を代行する業者)です。アコムは自社だけでなく、銀行カードローン3社の保証会社になっています。

以下はアコムの審査に落ちた後の、次の借り入れ先としてはおすすめできません。

アコムが保証会社をしているカードローン

  • auじぶん銀行カードローン
  • セブン銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行のカードローン(バンクイック)

逆に、消費者金融の保証会社はアコムと関係がありません。そのため審査基準は異なると予想できるため、審査に通る可能性はあります。

消費者金融 保証会社(審査代行)
プロミス SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
SMBCモビット 三井住友カード株式会社
レイクALSA 新生ファイナンシャル
アイフル アイフル株式会社(自社)

アコムとサービスが似ているカードローンの紹介

アコムで審査落ちした次に選ぶのは、アコムとサービスの近い大手消費者金融がいいでしょう。

大手消費者金融なら、金利や借入方法などもアコムと大きくかわりません。即日融資が可能であったり、無利息期間サービスのあるところも多いです。

オペレーター

ここでは、アコムで審査落ち後にオススメな、プロミスとアイフルの2社を紹介します。

プロミスは上限金利が17.8%と一番低い

他社に比べて上限金利が17.8%と一番低くなっているので、少しでも低金利がいい人におすすめです。

プロミスも、アコムと同じく安定した収入があればアルバイトやパートの人でも審査に通る可能性はあります。

さらに審査は最短3分で完了。(※ お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。)

スマホATMを使えば、お近くのセブン銀行ATMやローソンATMからカードレスで借り入れができます。

また、プロミスは女性オペレーターの専用ダイヤルを設置しています。お金について他人に相談するのが恥ずかしい、女性の方にも人気です。

審査時間 最短3分
※ お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます
審査実施時間 9:00~21:00(土日祝日含む)
限度額 1万円~500万円
金利(年) 4.5%~17.8%
必要書類 運転免許証などの本人確認書類
※50万円を超える場合は、収入証明書の提出
無利息期間 はじめてご利用の方限定で初回出金日の翌日から30日間
※メールアドレス登録、WEB明細利用

アイフルは融資まで最短18分とスピーディー

アイフルは最短18分融資と、審査のスピード感が人気です。(※お申込みの状況によってはご希望にそえない場合があります。)

さらにアイフルは、アコム・プロミスよりも初期から「原則電話での在籍確認なし」と公言していることから、書類での在籍確認に柔軟といえます。

アコムと同様にオペレーターの対応も親切ですので、同様のサービスが期待できます。

審査時間 最短18分※1
審査実施時間 9:00~21:00(土日祝日含む)
限度額 1万円~800万円※2
金利(年) 3.0%~18.0%
必要書類 運転免許証などの本人確認書類
50万円を超える場合は、収入証明書の提出
無利息期間 はじめてご利用の方は契約の翌日から最大30日間

※1 お申込みの状況によってはご希望にそえない場合があります

※2 ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です

【まとめ】アコムの審査落ち原因を見つけ次の審査に活かす

アコムの審査落ちの原因について紹介しました。審査落ちになった人は、審査落ちの原因を推測して、次の審査までに改善できるものがないか確認しておきましょう。

アコムで審査落ちになっても、アコム以外のカードローンで借りられる可能性もあります。

消費者金融大手のプロミスやアイフルなら、アコム同様のサービスも期待できるので検討してみましょう。

※ 貸付条件

アイフルの貸付条件:商号 アイフル株式会社/貸金業登録番号 近畿財務局長(14)第00218号/貸付利率 3.0%~18.0%(実質年率)/遅延損害金 20.0%(実質年率)/利用限度額 800万円以内(要審査)/返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式/返済期間・回数 借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)/担保・連帯保証人 不要

レイクの貸付条件:商号 新生フィナンシャル株式会社/貸金業登録番号 関東財務局長(10)第01024号 日本貸金業協会会員第000003号/貸付利率(実質年率)4.5%~18.0%(※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。)/遅延損害金(年率)20.0%/返済方式 残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式/返済期間、回数 最長5年、最大60回(※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。)/担保・保証人不要/審査 有/利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方、日本の永住権を取得されている方/必要書類 運転免許証等、収入証明書(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)/無利息期間の条件 初めてなら初回契約翌日から無利息。無利息期間経過後は通常金利適用。30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可。ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。/60日間無利息の適用条件 Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。/180日間無利息の適用条件 契約額1万円~200万円まで。