アイフルで即日融資を受ける方法

「今晩大事な飲み会なのに、財布にお金がない」
「今日は日曜日だけど、今から申し込んで今日中にお金を借りられるか知りたい」

急な出費で当日中にお金を借りたいのであれば、アイフルのカードローンがオススメです。

アイフルは即日融資に対応していて、申し込む時間帯によっては、当日中にお金が借りられます。

土日・祝日はもちろん、夕方以降の遅い時間からの申し込みでも当日中にキャッシングできる可能性が高いです。

ただしアイフルで即日融資を希望するなら、借入申込の締切時間に注意しましょう。

たとえば自分の口座に直接振り込んでもらう場合、原則として24時間365日最短10秒※で融資を受けられますが、金融機関によっては振込可能時間が違ったり、即時振込ができないケースもあるのです。

そこで今回は「アイフルは何時までに申し込めば即日融資が可能なのか?」を、借入方法ごとに解説していきます。

即日融資は時間との勝負。ちょっとした記入ミスや必要書類の準備ができなかったことで、間に合わない可能性もでてきます。

今回の記事では「即日融資を確実にするためのポイント」についても一緒に紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

※ 金融機関により、振込可能時間が異なります。 詳細はご利用の金融機関の接続時間をご確認ください。

※ アクセスの集中により、着金までに時間を要する場合がご ざいます。(月初・月末・連休明けなど)

アイフル公式バナー

アイフルで即日融資が受けられる申し込み時間は何時まで?

アイフルで即日融資を受けたいなら遅くても20時までに申し込みましょう。

アイフルの審査実施時間は9時~21時’(土日含む)となっており、その日のうちにお金を借りるなら21時には審査が終わっている必要があります。

アイフルの審査は最短18分ですから、20時30分の申し込みでも間に合う可能性はありますが、あくまで最短時間なので、申込状況によって18分では終わらない場合もあるのです。

書類不備や審査が長引くことを考え、余裕をもって1時間前には申し込みをしておきましょう。

さらには、実際にどうやってお金を受け取るか(借入方法)によっても、気をつけるポイントがあります。

たとえば、アイフルの借入方法は2つのうちいずれかです。

  • 振込融資を受ける
  • 提携ATMでお金を引き出す

振込融資とは、借りたお金を自分の口座へ振り込んでもらって、借り入れをする方法。

アイフルのローンカードが不要で、無人契約ルーム(自動契約機)に行く必要もないため、近くに無人契約ルームがない方やお急ぎの方にオススメです。

一方提携ATMでお金を引き出す方法は、契約後に発行されるローンカードを使って、アイフルが提携する銀行ATMやコンビニATMから現金を借り入れます。

アイフルが提携する金融機関は、セブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行、三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行、イーネット、十八親和銀行、ゆうちょ、福岡銀行、熊本銀行です。

さらにセブン銀行ATMやローソン銀行ATMを利用すれば、アイフルのアプリを使って、カードレスでATMからお金を引き出せます。

これらの借入方法は、あなたの都合にあったものから自由に選択可能ですが、即日融資に対応できる申込締切時間がそれぞれ異なるので、要注意です。

借入方法 即日融資のリミット 申込締切
振込融資 21時までに審査の回答を得て契約を完了
原則24時間365日最短10秒で振込完了
(※ただし金融機関によって異なる)
20時まで
提携ATM(ローンカードあり) 21時までに審査の回答を得て契約を完了
21時までにローンカード発行
20時まで
提携ATM(ローンカードなし) 21時までに審査の回答を得て契約を完了 20時まで

※申込締切はあくまで目安です。

振込融資で即日融資を受けるなら午前中または20時までの申し込み!

アコムの振込融資は、原則24時間365日最短10秒※で振込を受けられます。

「原則」とお伝えした理由は、振込先の金融機関が、モアタイムシステムを導入している場合に限られるからです。

とはいえ、現在はメガバンクや地方銀行をはじめとした全国1,200の金融機関がモアタイムシステムに対応していますので、ほとんどの人が該当するかと思います。

アイフルの24時間365日振込が可能な金融機関

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • PayPay銀行 など

つまり、土日を含め20時までに申し込み、当日の21時までに審査の回答を受け契約を完了させれば、即日借り入れの可能性は高いでしょう。

一方で、振込先の口座がモアタムシステムを導入していない金融機関の場合、平日の8時30分~15時30分に限り、当日の振込可能時間になります。

その場合は、できるだけ早くアイフルに申し込みのうえ、午前中までには契約を完了しておくと時間に余裕をもって即日融資を受けられるでしょう。

金融機関ごとの振込実施時間については、アイフル公式サイトにある「接続予定時間一覧」で確認できます。

※ 金融機関により、振込可能時間が異なります。 詳細はご利用の金融機関の接続時間をご確認ください。

※ アクセスの集中により、着金までに時間を要する場合がご ざいます。(月初・月末・連休明けなど)

アイフル提携ATMでのキャッシングなら20時までに申し込む

アイフルでローンカードをうけとって即日融資を受ける方法

ATMでの借り入れは、アイフルが提携しているコンビニATMや銀行ATMで現金を引き出します。

即日融資を希望する場合は、まずアイフルの審査時間内(9時~21時)に、審査と契約を完了させる必要があります。

さらに提携ATMからお金を借りるときにはローンカードが必要ですから、アイフル自動契約機の営業時間内にローンカードを取りに行かなければなりません。

アイフル自動契約機の営業時間は、店舗によって異なる場合がありますが、9時から21時までとなっているので、審査時間内に申し込み手続きを終えていれば即日融資は可能です。

ですから提携ATMからの借り入れを考えているなら、遅くても20時までには申し込みを完了させましょう。

申し込みから契約手続きまでインターネットで済ませてから、アイフルの無人契約ルーム(自動契約機)へ向かう方法がオススメです。

アイフル提携ATMで即日借り入れする流れ

  1. Web申し込み(20時までに)
  2. 必要書類の提出
  3. 審査
  4. 審査回答の連絡(21時までに)
  5. 自動契約機で契約・カード発行(21時までに)
  6. 提携ATMで借り入れ

自動契約機でも申し込み手続きはできますが、審査の間無人契約ルームの中で待たなければならず、無駄な時間を過ごすこととなるためオススメしません。

Webで申し込みと契約を済ませておけば、21時までに自動契約機でローンカードを受け取ることで即日融資が受けられます。

ローンカードの発行手続きには15分ほどかかりますので、20時45分までの入室がタイムリミットと言えるでしょう。

カードを発行したら、最寄りの提携ATMでお金を借りられます。コンビニATMなら、原則24時間稼働可能しているので、夜遅い時間でもお金を借りられますよ。(ATMの稼働時間やメンテナンス時間は提携先によって違います。)

なお、コンビニATMでの借り入れには1回の利用ごとに手数料がかかりますので注意しましょう。

提携ATMの利用手数料

取引金額 出金(借入) 入金(返済)
1万円以下 110円 110円
1万円超 220円 220円
オペレーター

ローンカードを当日発行するなら、自動契約機の営業時間がポイントですよ!多くの場合は21時までの営業ですが、地方店舗だと、それより早く閉まるケースも。はじめてアイフルの自動契約機を利用する人は、店舗情報を調べてから向かうとより確実でしょう。

アプリを使ったスマホATMで引き出す場合も20時までに申し込む

さきほどアイフルのローンカードがあれば、提携するコンビニATMからの借り入れができると紹介しましたが、じつはセブン銀行ATMとローソン銀行ATMでは、アイフルのローンカードがなくてもお金を借りることができます。

アイフルのスマホアプリがローンカードの代わりとなって、セブン銀行ATMとローソン銀行ATMからキャッシングができるのです。

スマホATM操作方法(セブン銀行ATM)

  1. アプリをダウンロードしログイン
  2. 「スマホATMで融資」を選択
  3. セブン銀行ATMでスマートフォン取引を選択
  4. QRコードが表示されるので読み取る
  5. 画面の指示に従い企業コードなどを入力
  6. ATM画面に暗証番号と金額を入力
  7. 現金と利用明細書を受け取る

つまりわざわざアイフルの自動契約機に行って、ローンカードを受け取る手間が省けるということですね。

さらに千円単位での借り入れができるので、1万円単位での借り入れと違い、本当に必要な分だけを細かく借りることが可能。無駄な借り入れをしなくて済みます。

アイフルのアプリを使って即日融資を受けるなら、審査回答時間内(9時~21時)に申し込みを済ませて、契約を完了させましょう。

遅くとも20時には申し込みを済ませておきたいですね。

オペレーター

スマホATMで借り入れした場合も、ローンカードを使った提携ATMからの借り入れと同じ利用手数料がかかりますが、手元にスマホさえあれば借り入れできるので、かなり便利なサービスです。

アイフル公式バナー

アイフルでは土日祝日に即日融資を受けることも可能

レジャー資金やデート代など、土日祝日こそお金が必要なときがありますよね。

銀行は土日や祝日は休むことから、「消費者金融も休みなのでは?」と思っている人もいるかもしれませんが、アイフルは土日祝日も営業しており、即日融資が受けられるので、週末の急な借り入れにも対応できます。

土日祝日に即日融資が受けられる申し込み時間は平日と同じ

土日祝日に即日融資を受ける申し込みの流れは、次のとおりです。

土日祝日の即日融資の流れ

  1. Web申し込み(20時まで)
  2. 必要書類の提出
  3. 審査
  4. 審査回答の連絡(21時まで)
  5. 自動契約機で契約・カード発行(21時まで)
  6. 提携ATMで借り入れ

土日祝日にお金を借りやすいのは提携ATMでの借り入れです。

振込融資でも借り入れが可能ですが、毎週日曜日はシステムメンテナンスに伴い、受付時間が6時~19時と限られています。

その他振込先の金融機関によっても、土日祝日の受付時間が平日より短い場合があるので、事前に確認したうえで融資ができないことがわかったら、提携ATMから借り入れるようにしましょう。

アイフルの審査時間は、平日・土日祝にかかわらず毎日9時~21時まで実施しています。

審査時間内に回答をもらえるように、20時までにはインターネットから申し込みを済ませましょう。

アイフル無人契約ルームの営業時間は9時~21時ですが、土日祝日は無人契約ルームが混み合い、順番待ちになる可能性もあります。

とくに無人契約ルームまで移動距離がある場合は、審査結果をうけたらすぐに契約手続きできるよう先に移動しておきましょう。

ローンカードを発行したらアイフルの提携ATMですぐに現金を借り入れできます。

ちなみに電話での申し込みは、営業時間が9時~18時までの間となります。お急ぎの場合は、インターネットまたは自動契約機での申し込みがオススメです。

アイフルの申し込み対応時間

申込方法 営業時間(平日) 営業時間(土日祝)
Web 24時間 24時間
電話 9時~21時 9時~21時
無人契約ルームてまいらず(自動契約機) 9時~21時 9時~21時

アイフルの即日融資を最短で受ける流れ(Web申込み)

ここでは、アイフルから最短で融資を受ける流れについて説明していきます。

お手持ちのスマホやパソコンがある方は、Web申込みがオススメです。

アイフルの自動契約機まで行く手間や、オペレーターと話すわずらわしさもありませんし、Web申し込みは24時間受け付けています。

最短で即日融資を受ける流れ

  1. アイフル公式サイトから申し込む(Web申し込み)
  2. 急ぎの旨をメールで知らせる
  3. 「スマホでかんたん本人確認」か、銀行口座で本人確認
  4. 審査完了後、スマホで契約手続き
  5. スマホアプリを使ってセブン銀行ATMから借入

アイフルでは申し込み後、急ぎの旨をメールで連絡することで、審査を優先してくれるそうです。

「カナ氏名・生年月日・電話番号・お急ぎの旨」を記載のうえ、問い合わせのメールアドレスへ送信しましょう。

なお本人確認は、スマートフォンで顔写真と本人確認書類を撮影して送るか、本人名義の銀行口座を登録することで完了します。どちらか準備しやすい方で行ってください。

※本人名義の銀行口座を登録すると、返済方法は口座引落になります。

その後、最短18分でメールで審査結果が届きますので、Webで契約手続きをすれば借入可能です。

※ 最短審査時間はお申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

少し前までは、契約と同時にローンカードの受けとりが必須事項でしたが、最近ではカードレス契約も普及してより即日融資を受けやすくなっています。

アイフルでも「スマホATM」または「口座への振込」といった借入方法を選べば、カードなしで契約後すぐにお金を借り入れできます。

とくにアイフルのアプリとセブン銀行ATMまたはローソン銀行ATMを連動させる「スマホATM」は、近くのコンビニですぐに現金を引き出せる便利な方法です。

アイフル公式バナー

アイフルの即日融資をより確実にする審査対策

アイフルで即日融資が受けられる申し込み時間や、申し込みの流れについて紹介しました。

ただし時間内に申し込めても、審査に時間がかかれば即日融資は難しくなります。そこで即日融資をより確実にするため、審査時間をより短くするコツを紹介します。

できるだけ早い時間にアイフルに申し込む

アイフルの提携ATMからお金を借りる場合、仕事終わりの18時~20時に申し込んでも即日融資に間に合う可能性が高いです。

ですが申込者の申込情報に問題があったり、審査が混んでいる時間帯であったりすると、審査回答時間である21時までに審査結果が出ず、翌日以降の融資となる可能性があります。

とくにアイフル以外でもお金を借りている人や、過去にローン返済で滞納したことがある人は審査に時間がかかる傾向にあるので、できるだけ早く申し込みを済ませておきましょう。

アイフルならスマートフォンから24時間365日申し込めるので、仕事の合間や休憩時間に申し込みを済ませておき、仕事終わりにローンカードを取りに行くのがベストです。

アイフルの必要書類を事前に用意しておく

即日融資を希望する場合、申し込む前に必要書類を揃えておきましょう。アイフルの必要書類は、本人確認書類と収入証明書類の2種類です。

なお申し込みのときに選択する本人確認の方法によって、必要書類が多少異なります。

たとえば「スマホでかんたん本人確認」で本人確認する場合、以下の必要書類のうちいずれかと、スマホで本人の顔写真を撮影し提出することで、本人確認が完了します。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書(外国の方)
  • 在留カード(外国の方)

運転免許証がある人は運転免許証を提出し、運転免許証がなければその他の証明書類から準備できるものを選んで、スマホカメラで撮影し提出します。

こちらの提出方法が一番手軽なので、即日融資を希望するお急ぎの方にもオススメです。

「スマホでかんたん本人確認」以外でWebから提出する場合は、以下の通り2つの組み合わせから準備できるものを選んで提出します。

  • 書類Aから2点
  • 書類Aから1点と、書類Bまたは補完書類から1点
Aの書類 Bの書類
・運転免許証
・運転経歴証明書
・旅券(パスポート)
・住民基本台帳カード
・個人番号カード(表のみ)
・在留カード
・特別永住者証明書
・各種保険証
・国民年金手帳
・母子健康手帳
・住民票
・戸籍謄本
・住民票記載事項証明書
・公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK・固定電話)
・国税・地方税の領収書または納税証明書

※有効期限のない公的証明書は発行日より6ヶ月以内に作成されたものに限る

※所持人記入欄のない旅券(パスポート)はBから2点書類が必要

※後日簡易書留が届くので受けとりが必要(受け取る前に借入可能)

即日融資を希望する人は、必要書類をできるだけ早く準備しておきましょう。

アイフルの申し込みは慎重に行う

アイフルに申し込む際は、名前や勤務先の情報、年収、希望借入額などを記入しなければなりません。

急いでいると、どうしても焦ってしまい、入力ミスをしがちです。

ですが申し込みで入力ミスをしてしまうと、むしろ審査に時間がかかってしまい、即日融資ができなくなる可能性があります。

とくに年収、希望借入額、電話番号、アドレスなどは入力ミスしてしまうと連絡が取れなかったり、審査に影響することもあるので要注意です。

急いでいるときだからこそ、申し込みの際は慎重に入力してください。

借入希望額はできるだけ少なくする

申し込みのときに記入する借入希望額が高いと、審査時間に影響する恐れがあります。

たとえばアイフルでは借入希望額が50万円以上である場合、収入証明書類の提出が必要となり、収入証明書類の内容を確認するため、審査に時間がかかってしまいます。

また借入希望額に比べて収入が低い場合も、審査に慎重を期すため、審査時間が長くなるでしょう。

アイフルから即日でお金を借りるなら、最初の申し込みはできるだけ借入希望額を少なくすることを心がけてください。

契約後にアイフルからお金を借りて、遅れることなく返済を続けていれば、あとから限度額を増額できる可能性もあるので、スピード重視でアイフルに申し込む人は借入希望額をできるだけ少額にするようにしましょう。

【まとめ】急な出費に困ったらアイフルの即日融資が便利

今回はアイフルの即日融資について詳しく紹介しました。

アイフルは即日融資に対応しており、20時までに申し込むことで即日借り入れできる可能性が高くなります。

現金での借入をお急ぎの場合は、Webで申し込みから契約までの手続きを済ませ、アイフルのアプリを使ってセブン銀行ATMやローソン銀行ATMからお金を借りると、ローンカードを受け取る手間がはぶけて早く借入ができます。

アイフルは当日に審査できる時間が決まっていますが、申し込みが審査回答時間内であれば即日融資にも対応しているので、お急ぎの方はアイフルをぜひ検討してみてください。

アイフル公式バナー
※ 貸付条件

アイフルの貸付条件:商号 アイフル株式会社/貸金業登録番号 近畿財務局長(14)第00218号/貸付利率 3.0%~18.0%(実質年率)/遅延損害金 20.0%(実質年率)/利用限度額 800万円以内(要審査)/返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式/返済期間・回数 借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)/担保・連帯保証人 不要

レイクの貸付条件:商号 新生フィナンシャル株式会社/貸金業登録番号 関東財務局長(10)第01024号 日本貸金業協会会員第000003号/貸付利率(実質年率)4.5%~18.0%(※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。)/遅延損害金(年率)20.0%/返済方式 残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式/返済期間、回数 最長5年、最大60回(※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。)/担保・保証人不要