レイクアルサで最短即日融資を受ける方法

レイクは即日融資が可能で、Webなら最短15秒で審査結果がわかり、最短25分でお金を借りられます。

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

ですが遅い時間からの申込みだと「本当に今日中にレイクの借り入れができる?」「レイクから審査結果はいつくる?」など不安になりますよね。

そこで今回は「レイクで即日融資を受けられるのは何時までか」というテーマで解説していきます。

結論からいうと、レイクは21時まで(日曜日は18時まで)に、審査や必要書類の確認含めて契約手続きが完了すれば、即日振込が可能です。

ただし申込みが混み合っている場合は、ギリギリに申込みをすると即日融資ができない可能性もあるので、できるだけ早い時間帯での申込みをおすすめします。

お急ぎのときだからこそ、即日融資を受ける方法を確認しておきましょう。

オペレーター

今すぐ申込みたい方は、すぐ下のボタンから申込みができます!Web完結で申込みが可能です。

レイクの即日融資は遅くても20時までに申込みが必要

レイクでは「21時(日曜日は18時)までに審査・提出書類の確認を含めた契約手続きまでを完了」していれば、即日融資が可能です。

そのため、Web申込みから契約手続き完了まで最短25分も可能と考えると、余裕を見て20時まで(日曜日は17時)までには申込みを完了させておくとよいでしょう。

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。

無事に契約手続きが完了すれば、いつでも振込融資を受けられるのですが、事前に本人名義の金融機関口座登録が必要になるので、会員ページから登録しましょう。

振込受付時間内なら夜間や早朝でも振込融資が受けられます。

現金での借り入れを希望する方は、レイクアプリをダウンロードし、セブン銀行ATM「スマホATM取引」で借り入れするのが便利です。カードが手元になくてもよいので、カード発行をする必要もありません。

もしローンカードを発行したい場合は郵送で受け取れますし、自動契約機に来店しその場でカード発行を受けることもできます。

レイクの申込方法と受付時間

申込方法 申込受付時間 即日融資の締切
Web 24時間パソコン・スマホ・アプリから申込可能 21時までに契約手続き完了(日曜日は18時)
電話 24時間フリーダイヤルから申込可能 21時までに契約手続き完了(日曜日は19時)
自動契約機 申込受付時間
平日・土曜日・祝日 9:00~21:00
日曜日       9:00~19:00
※営業時間は店舗によって違う
※年末年始を除く
※カード発行の時間は21時まで(日曜日は19時)
21時までに契約手続き完了(日曜日は19時)

初回契約の場合は契約日の翌日から無利息期間が始まるため、早く借りるほど無利息の恩恵が得られますよ。Web申込みをして、振込融資での融資を受けるのがレイクの借り方としては最も早いです。

レイク即日融資の流れ

レイクに申込む方法は、Web申込み、電話、そして自動契約機の3つです。

「即日融資をしたいけど、どの申込方法がいいかわからない」という方は、Web申込みがおすすめ。

自動契約機は先客がいる可能性もあり、待っている間に即日融資の時間が過ぎてしまう可能性があります。

さらに自動契約機で申込むと、審査中は契約ルームで待機しなくてはならず、ムダな時間を過ごすというデメリットもあるのです。

電話で申込みをすると、申込内容を口頭で説明するのが大変ですし、電話が苦手という方もいますよね。

さらに本人確認をWebまたは郵送、自動契約機のいずれかの方法で行う必要があるため、申込むときからWebか自動契約機を選択する方が効率的といえます。

なので、いつでもどこでも都合のよい時間帯に申込みができる「Web申込み」が一番便利といえるでしょう。

ただ「近くに自動契約機がある」「電話の方が慣れている」という方もいると思うので、一番申込みやすい方法を選んでください。

※申込方法で審査結果が変わることはありません。

それではレイクの申込み方法について、わかりやすく説明するので申込みのときの参考にしてください。

レイクのWeb申込みで即日融資する手順

Web申込み(スマホ、パソコン、アプリ)で、即日融資を受ける手順はつぎの通りです。

Web申込みの流れ

  1. レイク公式サイトから申込み
  2. 審査結果が通知される(最短15秒)
  3. 必要書類を提出する(本人確認)
  4. 本審査の結果が通知される
  5. Webで契約手続きをする 

まずレイク公式ページの申請フォームに、希望額とメールアドレスの記入が求められるので、記入していきます。

ここで記入したメールアドレスに審査結果のお知らせ等が届くので、間違えないように慎重に記入してくださいね。

その他、レイクの申込みではつぎのような内容を入力していく必要があるので、事前に確認し、すぐに入力できるようにしておくとスムーズです。

  • 氏名、生年月日、性別など
  • お住まいについて(住所、住居形態、電話番号など)
  • お勤め先について(勤務形態、勤め先名、保険種別、月収、年収など)
  • お借り入れ状況(他社借り入れ件数、金額など)
  • 運転免許証と本人確認書類について

入力が完了すると、レイクでは、申込み完了後最短15秒で画面上に審査結果が表示されます。

即日でお金を借りたいとき、その場ですぐ審査結果がわかるのは嬉しいポイントですね。

審査結果と一緒に契約可能な「限度額」も表示されるので、確認しておきましょう。

審査結果が通知されたら、画面上の指示に従い必要書類を提出します。

本人確認まで無事完了すれば、審査結果の連絡がメールで届くので、ここからが契約手続きです。

その日のうちに契約手続きを済ませるには、「Webで契約」と「自動契約機で契約」の2つの方法があります。

ローンカードが不要な場合はWeb契約、ローンカードを即日で受け取りたいなら、自動契約機での手続きがスムーズです。

21時まで(日曜日は18時)にインターネット上で契約手続きが済めば、指定した口座に即日振込で借り入れができます。

自動契約機で契約する場合は、21時までにカードの受取ができるように余裕を持って自動契約機に向かいましょう。

以上が、Web申込みでの即日融資の流れです。

レイクの電話申込みで即日融資を行う手順

電話で即日融資を行うメリットは、オペレーターに相談しながら契約手続きが行えるこ
とです。下記の手順に従って申込み手続きを進めましょう。

電話申込みでの即日融資の流れ

  1. フリーダイヤルに電話をする
  2. 審査結果を口頭で通知
  3. 必要書類を提出する
  4. 査結果が通知される
  5. Webまたは自動契約機で契約手続きをする

電話申込みで即日融資を受けるには、審査結果お知らせ時間の21時(日曜日は19時※年末年始を除く)に間に合うように電話をしましょう。

最初は自動音声に繋がり、はじめてのお申込みは「1」をプッシュすればオペレーターに繋がります。

オペレーターから質問されるので、「氏名、勤め先、住まい、他社借り入れ」など申込みに必要な内容を答えていきます。

この時点で即日融資を希望している旨を伝えておくと、可能な限り早急に対応してくれるでしょう。

すべて答え終わると、(審査実施時間であれば)その場で審査結果を知らせるか、審査内容に確認が必要なときは折り返しの連絡となります。

審査結果がわかったら、本人確認と契約手続きをしますが、「Web完結(郵送なし)」「Web完結(郵送あり)」「自動契約機」の3つのパターンから選べます。

Web完結(郵送なし)の場合、スマホから本人確認ができる「スマート本人確認」か、口座登録によって本人確認が可能。口座登録の場合は、完了後に本人確認書類の提出が必要です。

ローンカードを郵送で受け取りたい方も、口座登録と本人確認書類の提出で手続きができます。ローンカードは申込みの際に記入した自宅に簡易書留で郵送されます。

ローンカードをできるだけ早く受け取りたい場合は、自動契約機で本人確認をするとスムーズです。運転免許証など本人確認書類を忘れずに持参しましょう。

レイク対応の自動契約機で即日融資する手順

自動契約機でレイクへ申込みや契約手続きをすると、その場でカード発行されます。

カードがあれば、コンビニや銀行といった提携ATMでもレイクの借り入れができるのでより便利ですね。

それでは自動契約機での即日融資の流れを見ていきましょう。

自動契約機での即日融資の流れ

  1. 自動契約機に入る
  2. タッチパネルで申込み項目の入力
  3. 必要書類をスキャンする
  4. 画面上に審査結果が通知される
  5. 契約約手続きをする
  6. カードを発行する

まずはレイクが申込めるSBI新生銀行自動契約コーナーに向かいます。

自動契約機に入室するとカギがかかり、セキュリティ上外から人が入れないようになります。

途中質問などあれば、室内に設置されている電話からオペレーターと会話できますので、安心して手続きを進めましょう。

自動契約機では、タッチパネル式の画面をタッチしながら申込手続きを進めます。

初期画面の「はじめてのお申込み」から、事前の申込みの有無「いいえ」を選択しましょう。

レイク申し込み可能な自動契約機の初期画面

※レイク公式ページより(自動契約機の申込画面)

あとは画面の指示に従って、申込内容を入力していきます。すべての入力が完了すれば、自動契約機に内蔵されているスキャナで必要書類を提出します。

自動契約機に持ち込む必要書類は、コピーではなく原本である必要がありますので注意しましょう。

必要書類の提出が済むと、本人確認が行われます。本人確認が完了したら、プリンターから「契約内容確認書」が発行されます。

内容を確認して署名をし、スキャンで提出をすれば契約手続き終了です。契約内容確認書の原本は、提出後に持ち帰れます。

契約手続きが完了すれば、自動契約機からレイクのローンカードが発行されるので受け取りましょう。

すべての手続きが完了すれば、カードを使って近くの提携ATMから即日借り入れが可能となります。

レイクはWeb契約後であっても後日カード発行ができる

レイクはWeb契約をしたあとで、「必要だ」と思ったタイミングでカードの発行ができます。

現在はローンカードがなくても振込融資や、アプリを使った借り入れができるため、急いでカードを受け取らなくても即日で借り入れができます。

ただし、アプリで借りられる提携ATMはセブン銀行ATMのみなので、それ以外の金融機関のATMからお金を借りる場合は、ローンカードが必要です。

郵送での受け取りは日数がかかるので、すぐに手元にほしいときはお近くの自動契約機でローンカードを発行しましょう。

手続きがローンカードの発行だけであっても、本人確認書類が必要となるので、忘れずに持参してください。

オペレーター

このようにレイクは、自分にあった方法で、即日融資が受けられることも嬉しいポイントです。

「即日振込」が便利!レイク即日融資の3つの借入方法

ここまで即日融資の申込みから契約までの流れをご紹介しました。つぎは当日中にお金を受け取るための、レイクの借入方法を3つ紹介します。

レイクの借入方法3つ

即日振込 指定した金融機関口座に振り込んでもらう
※21時(日曜日は18時)までに契約手続き完了
スマホATM取引 公式アプリ「レイクアプリ」と連動してセブン銀行ATM「スマホATM」で現金を引き出す
各種ATM コンビニや銀行など提携ATMで現金を引き出す
※21時(日曜日は19時)までに自動契約機で契約&カード発行完了

レイクの即日融資で便利に使えるのは「即日振込」です。家にいながら申込みから借り入れまでスマホやパソコンで完結でき、手数料も一切かかりません。

ただしはじめての申込みで即日振込を希望するには「21時(日曜日は18時)までに契約手続きまで完了する」という、タイムリミットが設けられています。

契約は済んだけれど21時に間に合わなかったという人は、セブン銀行ATM「スマホATM取引」での借り入れを検討してみましょう。

スマホATM取引とは、レイクのアプリを使って、ローンカードなしでセブン銀行ATMからキャッシングができるサービスです。

セブン銀行ATMの営業時間は原則24時間ですので、深夜でもATMから即日現金キャッシングができます。

レイク借入方法の特徴

借入方法 メリット デメリット
即日振込 ・カードレス
・手数料なし
・24時間振込み可能※1
・通帳に振込履歴が残る
・振込が反映されるのに時間がかかる場合あり
スマホATM ・カードレス
・24時間営業
・提携ATM手数料がかかる※2
・セブン銀行ATMに限られる
各種ATM ・提携ATMは原則24時間営業 ・提携ATM手数料がかかる※2
・カード発行が必須

※1 一部金融機関によっては24時間振込み非対応

オペレーター

借りたお金の使いみちが、ネットショッピングや口座引き落としの支払いであれば「即日振込」が便利ですね。一方でなるべく早く現金が手元に必要な人は「スマホATM取引」が最短です。

【即日振込】指定口座へレイクからその日に振込み

レイクは21時(日曜日は18時)までに契約手続きが完了(審査・必要書類の確認含む)すれば、申し込んだその日のうちに振込融資が受けられます。

Webからの申込みなら最短25分融資です。

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

借入方法は、レイクの会員ページにログイン後、「お借入れ」から振込申込ができます。スマホアプリ「レイクアプリ」からも手続き可能です。

振込融資なら借入時の手数料がかからないのも嬉しいポイントですね。振込融資の受付時間は下記のとおりです。

レイクの振込融資の受付時間

月曜日 8時10分~23時50分
火曜日~土曜日 0時15分~23時50分
日曜日 0時15分~18時50分
(第3日曜日は4時~18時50分)

※ ご利用可能時間は金融機関によって異なります。

曜日によって受付時間が変わりますが、火曜日から土曜日はほぼ24時間、早朝や深夜でも借り入れできるので、非常に利用しやすいです。

なお、振込対応時間は振込先の金融機関によっても変わります。つぎの銀行は、ほぼ24時間振込みに対応している金融機関の一部です。

  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 楽天銀行
  • ソニー銀行
  • イオン銀行
  • SBI新生銀行

※ 大型連休時やメンテナンス等で当日振込できない場合があります。

振込み対応時間は、金融機関により若干変わってきます。くわしくはレイク公式ページの「お振込み時間拡大金融機関一覧」でご確認ください。

オペレーター

即日振込の利用にあたって、事前に本人名義の金融機関口座登録が必要です。契約時に口座登録を指定ない人は、会員ページから口座登録をしておきましょう。

【スマホATM取引】セブン銀行ATMとアプリで即日借入

「手元にローンカードがない」「今すぐに現金が必要」そんな人におすすめなのが、セブン銀行ATM「スマホATM取引」です。

ローンカードがなくても、アプリを使えばセブン銀行ATMから現金を借り入れできるサービスで、即日融資にも適しています。

まずはレイク公式アプリ「レイクアプリ」をダウンロードし、お近くのセブン銀行ATMに向かいましょう。

スマホATM取引でレイクの借り入れをする手順は、つぎの通りです。

セブン銀行「スマホATM取引」の操作手順

  1. アプリの画面から「お借入れ」をタップし画面に従い手続きする
    レイクスマホアプリ「お借入れ」
  2. バーコードリーダーが起動したことを確認する
  3. セブン銀行ATMのTOP画面から「スマートフォンでの取引」ボタンを押す
    レイクセブン銀行ATM操作画面
  4. 起動したバーコードリーダーでATMに表示されたQRを読取る
  5. 表示された企業番号をATMの入力画面に入力完了後、「確認」ボタンを押す

その後はATMの画面に従って、通常の借り入れの手続きをすれば現金を引き出せます。

セブン銀行ATMの営業時間は次のとおりで、営業時間外はメンテナンスのためレイクのキャッシングができません。

セブン銀行スマホATM取引の利用時間

月曜日 5時00分~23時50分
火曜日・水曜日 0時15分~23時50分
木曜日 1時30分~23時50分
金曜日・土曜日・日曜 0時15分~23時50分
(第3日曜日は0時15分~20時)

※ 1回あたりの借り入れ上限金額は10万円です。メンテナンスなどによる休止時間はご利用できません。

なお、セブン銀行のスマホATM取引でレイクの借り入れを行う際は、利用金額に応じてATM手数料がかかるのでご注意ください。

提携ATMの利用手数料

取り扱い金額 手数料
1万円以下 110円
1万円超過 220円

【各種ATM】コンビニや銀行の提携ATMで即日借入

「急ぎで手元に現金がほしい」「とにかく近くのコンビニで借り入れしたい」このような人は、レイクのキャッシングに対応しているATMで即日融資をするのがよいでしょう。

提携ATMからレイクの借り入れを行う場合、ローンカードが必要になります(スマホATM取引を除く)。

即日融資を受けたい場合は、自動契約機で契約しその場でローンカードを受け取りましょう。

ちなみにレイクの専用ATMはないため、ATMからの借り入れは「コンビニや銀行の提携先ATMからの借り入れ」ということになります。

とくにコンビニATMは24時間営業のところが多く、早朝や深夜でも利用できますし、買い物のついでにATMで手続きができるので、利用しやすいのが嬉しいポイントです。

提携するコンビニATMの営業時間と、設置されているコンビニをまとめたので、参考にしてください。

提携するコンビニATM一覧

営業時間 設置コンビニ
セブン銀行ATM 月 5時~23時50分
火・水 0時15分~23時50分
木 1時30分~23時50分
金・土・日 0時15分~23時50分
(第3日曜日は0時15分~20時)
セブンイレブン
ローソン銀行ATM 店舗によって異なる ローソン
E-net 店舗によって異なる ファミリーマート
デイリーヤマザキ・ポプラ
セイコーマート
イオン銀行 店舗によって異なる ミニストップ

※第3日曜日は、利用時間が0時10分~20時まで

またレイクでは上記コンビニに設置されているATMだけでなく、つぎの提携先銀行ATMでも即日借り入れが可能です。

提携する銀行ATM一覧

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 三十三銀行
  • 福岡銀行
  • 十八親和銀行
  • 熊本銀行
  • 広島銀行

なお提携ATMのうち、セブン銀行、ローソン銀行、三菱UFJ銀行、福岡銀行、十八親和銀行、熊本銀行については千円単位の借り入れが可能です。

ほかの提携ATMは1万円単位の借り入れが可能となっているため、たとえば15,000円だけ借りたくても、20,000円借りる必要があります。

多く借りるとその分利息がついてしまうので、提携ATMでお金を借り入れる際は注意しましょう。

レイク対応のATMについては、「レイクが使えるATMの利用方法」の記事でさらに詳しく紹介しています。

レイクは土日・祝日も即日融資できる

レイクは土日祝日も最短即日融資が可能

レイクは、土曜日・日曜日・祝日の申込みでも即日融資を実施しています。もし週末にお金が必要になったときでも、安心して利用できますね。

それではレイクで土日祝にお金を借りる方法と、注意点をわかりやすく紹介します。

土日・祝日の即日融資は何時まで可能?

レイクでは土日祝日もWebや電話、自動契約機から申込みが可能です。

どの申込み方法でも審査の時間が必要なので、営業時間内に契約が完了するように、できるだけ早く申込みを済ませましょう。

土日・祝日に即日融資できる時間

申込方法 平日・土曜・祝日 日曜日
Web・電話 21時までに契約手続き完了 18時までに契約手続き完了
自動契約機 21時までに契約手続き完了 19時までに契約手続き完了

※ 年末年始を除きます。

※ 対応時間は一部店舗によって異なります。

レイクでは土曜日や祝日も、平日と同じ時間まで即日融資が可能です。

一方で日曜日は即日融資の申込み時間が短くなりますのでご注意ください。

日曜日はレイクの審査実施時間に注意

レイクの審査実施時間は21時50分までと、他社大手消費者金融より長いのが特徴です。

ただし日曜日に限り「審査お知らせ時間(審査実施時間)」は短くなるので注意しましょう。

申込方法別「審査結果お知らせ時間」

申込方法 平日・土曜・祝日 日曜日
Web・電話 8時10分~21時50分 8時10分~19時(第3日曜日のみ)
自動契約機 9時~21時 9時~19時

※年末年始を除きます

※ 対応時間は一部店舗によって異なります。

Web申込みや電話での申込みの場合、レイクのメンテンナンス日である「第3日曜日」だけ19時まで、それ以外の日曜日は通常通りのお知らせ時間となります。

お知らせ時間外に申し込んだ場合、審査結果は「翌日の審査時間からメールで回答」となります。

即日融資をする・しないにかかわらず、「審査結果をすぐに知りたい」という方は、上記の時間内に申込みを行うとよいでしょう。

振込先口座によって土日・祝日の振込ができない場合も

土日・祝日にレイクから即日振込を希望する人は、振込先口座が土日の振込みに対応しているか確認しておきましょう。

現在多くの金融機関が、振込み対応時間を拡大しており、銀行の営業時間にかかわらず振込が反映されるので、曜日や時間を問わずにレイクから銀行振込で融資を受けられます。

ただし、auじぶん銀行など土曜日と日曜日の振込は実施していない金融機関もあります。

このように、振込先口座によっても振込の時間が変わってくるので、登録する口座の金融機関の対応については事前にチェックしておく必要がありそうです。

振込時間拡大対応外の金融機関については、平日14時45分までにレイクの会員ページから手続きした分が、即日で振り込まれます。

自分の口座が土日・祝日の振込み実施を行っていない場合は、自動契約機へ行ってカード発行をするか、セブン銀行のスマホATM取引で借り入れを行いましょう。

レイクで即日融資を成功させるための審査対策2つ

レイクでは、21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了で即日融資が可能です。

ですから、仕事終わりなど夕方以降に申込みをしても即日で借り入れができます。

ですが審査に時間がかかって、「振込みが翌日になった」「自動契約機の営業が終わってしまった」など即日融資ができないケースもあります。

お急ぎのときだからこそ、即日で借りられるようにしっかり準備をしてから申込み手続きをはじめましょう。

ここでは、レイクからスムーズに即日融資を受けるためのポイントを紹介します。

1. 申込み内容は正確に申請する

急ぐあまり申込み内容を間違えてしまうと、審査に影響が出ます。

とくに「年収」や「他社借り入れ」など審査の重要項目は、間違えると大幅な審査時間のロスになるだけでなく審査結果に影響することも。

他にも「生年月日」や「住所」の細かいミス、「勤務先電話番号」の数字間違いなどにも注意をしましょう。

申込み内容の不備にきづいたら、すぐにコールセンターに電話をして訂正することで、審査時間の長期化を防げます。

2. レイクの必要書類は事前に準備しておく

レイクの必要書類は、基本的に本人確認書類のみです。

「運転免許証の両面」をきれい(鮮明)に撮影し、メールに添付し送信しましょう。運転免許証が無い場合は、つぎのいずれかを本人確認書類として提出します。

  • パスポート(写真・住所記載部分)
  • マイナンバーカード(表面のみ)
  • 健康保険証(表・裏)
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード

ただしつぎの条件に当てはまる人は、収入証明書の提出も必要です。

  • レイクでの限度額の総額が50万円を超える場合
  • レイクでの限度額の総額と他社の借入れ総額の合計が100万円を超える場合

収入証明書は、つぎのうちから1点を提出します。提出書類は基本的に直近のものを用意してください。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得(課税)証明書
  • 給与明細書の直近2ヶ月分(上記の用意が困難な場合)

即日融資を希望するなら、必要書類が本人確認書類だけで済むよう、レイクの借入限度額を50万円以下にするのも方法の一つです。

さらに、つぎの3つの条件に当てはまる方は、住所確認書類もあわせて準備しましょう。

  • 本人確認書類の住所が、現住所と異なる場合
  • 自動契約機で契約時に、健康保険証を用意する場合
  • Web契約(郵送あり)で契約時に、本人確認書類を2点用意できない場合

住所確認書類はつぎの通りで、いずれも発行日から6ヶ月以内のものに限ります。

  • 公共料金の領収書(ガス・電気・NTT固定電話・NHK)
  • 公的機関発行の書類(住民票の写し・印鑑登録証明証・水道使用料のお知らせ)

「必要書類を完璧に揃える」「書類は鮮明に撮影する」ことで、審査をスムーズに終わらせましょう。

オペレーター

自動契約機で必要書類を提出するときは、原本の提示が必要です。コピーではなく原本を持ち込みましょう。

レイクで即日融資を受けるメリット3つ

レイクと他社を比較したとき「レイクは即日融資に適した」カードローンです。

その理由を3つ紹介していきます。

  • 審査結果が最短15秒でわかる
  • レイクなら無利息期間を選べる
  • セブン銀行「スマホATM取引」が使えて外出先の急な出費にもすぐに対応できる

1. 審査結果が最短15秒でわかる

レイクでは審査お知らせ時間内であれば、申込みから「最短15秒」で審査結果が通知されます。

とくにWeb申込みなら、申込完了画面にそのまま審査結果が表示されるので、審査連絡のメールを待つ手間がありません。

審査連絡後に本人確認と契約手続きを行うため、実際に借り入れができるのは申込みから最短25分です。

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。

30分もかからず融資できる理由は、レイクは原則在籍確認の電話連絡なしで審査をするため、第3者の干渉がなく、審査がスムーズに進められるからです。

決して他社に比べてレイクの審査が甘いだとか、審査項目が少ない、ということではないので、審査はしっかりと行われることを覚えておきましょう。

2. レイクなら無利息期間を選べる

レイクではじめて契約する人に限り、30日間、60日間、180日間のいずれか※の無利息期間が適用されます。

※ 60日間、180日間は限度額200万円以下の方が対象です。無利息期間の経過後は通常金利が適用されます。初回契約翌日から無利息適用となります。契約額が200万円超の方は30日間無利息。

無利息期間とは、その名の通りお金を借りても「利息が発生しない期間」のことです。

30日間の無利息期間を設けているカードローンは他にもありますが、レイクなら次の2つの無利息期間から好きな方を選べます。

  • 「Webからの申込みで、60日間無利息サービス」
  • 「借り入れ額が5万円までは、180日間無利息サービス」

「180日間」を選んだ場合、たとえば15万円を借り入れたなら、15万円のうち5万円分の金利がゼロになり、残り10万円には通常利息がかかる、ということです。

なお、契約限度額が200万円を超える方は「30日間の無利息」が適用されます。

これら3つの無利息期間を比較してみましたので、自分にあった無利息期間を選びましょう。

レイクの無利息期間

無利息期間タイプ 30日間 60日間 180日間
契約限度額 200万円~500万円 1万円~200万円 1万円~200万円
無利息の対象金額 借入額全額 借入額全額 借入額の内5万円まで
申込み方法 すべて Webのみ すべて
注意点 ・30日、60日、180日の無利息期間の併用は不可
・無利息期間経過後は、通常金利適用
・いずれも「初回契約日」翌日から無利息期間適用

無利息期間中であれば、限度額の範囲内で何度も追加借り入れができますが、期間中に延滞があると無利息サービスは強制終了してしまうので注意しましょう。

オペレーター

金利と利息については「レイクの金利と利息の計算」の記事でも紹介しています。

3. セブン銀行「スマホATM取引」が使えて外出先でもすぐに借りられる

レイクの公式アプリ「レイクアプリ」をダウンロードすれば、カードなし(カードレス)でセブン銀行ATMからの借り入れが可能です。

通常ローンカードを受け取る場合、Web申込みをすると、自動契約機に取りに行くか、郵送されるのを待つという手間がかかります。

ですがスマホATM取引が利用できることによって、スマホにアプリをダウンロードすれば契約完了後すぐにセブン銀行ATMで借り入れができます。

つまり、スマホATM取引に対応しているレイクは、即日融資に最適なカードローンと言えるのです。

また日頃からローンカードを持ち歩く必要がないので、セキュリティ面でもとても安心です。

レイクで即日融資するデメリット

レイクで即日融資をするときのデメリットを強いていうなら「銀行カードローンよりも金利が高い」ことです。

レイクの金利は実質年率4.5%~18.0%

消費者金融の中では平均ですが、一般的な銀行カードローンの上限金利が15.0%前後であることを考えると、金利面でメリットがあるとはいえません。

金利を優先したい場合は、銀行カードローンも検討してみましょう。ただし、銀行カードローンには、レイクのような無利息期間はありません。

長期的な借り入れや、高額の借り入れを希望する場合は低金利のカードローンを選んだ方がメリットが大きいかもしれませ。

ですが比較的短期間の借り入れや少額融資を検討している方は、無利息期間のあるレイクの方が金利負担が軽い可能性があります。

レイクをはじめ、各金融機関の公式サイトでは返済シミュレーションができるので、申込みをする前に活用し、最終的なり即負担額を比較するとよいでしょう。

【まとめ】即日融資を希望するならレイクがおすすめ

レイクは、「今日中にお金を借りたい」という人にとって強い味方です。

即日融資をしたいなら「Web申込+即日振込」か、「Web申込+スマホATM取引」での借り方がよいでしょう。

ただし土日・祝日は、振込先の口座によって即日振込対応外のところもあります。

その場合はローンカードを発行し、「自動契約機で契約+各種ATM」での借り入れも可能です。

このようにレイクなら、自分の都合にあわせて即日融資の方法をフレキシブルに選べます。

また今回紹介した申込みのタイムリミットは、融資まで最短で終わった場合を想定したものです。

もし審査で「在籍確認が完了しなかった」「書類に不備があった」などの問題があれば、即日融資を逃してしまうこともあります。

そのため、その日のうちにお金が必要であれば、なるべく早くWeb申込みを行うとよいでしょう。

※ 貸付条件

アイフルの貸付条件:商号 アイフル株式会社/貸金業登録番号 近畿財務局長(14)第00218号/貸付利率 3.0%~18.0%(実質年率)/遅延損害金 20.0%(実質年率)/利用限度額 800万円以内(要審査)/返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式/返済期間・回数 借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)/担保・連帯保証人 不要

レイクの貸付条件:商号 新生フィナンシャル株式会社/貸金業登録番号 関東財務局長(10)第01024号 日本貸金業協会会員第000003号/貸付利率(実質年率)4.5%~18.0%(※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。)/遅延損害金(年率)20.0%/返済方式 残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式/返済期間、回数 最長5年、最大60回(※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。)/担保・保証人不要