レイクの審査は甘い?レイクの審査基準について

「レイクの審査は他社カードローンに比べて甘い?」

レイクは他社カードローンに比べて甘いと言われることもあれば、他社よりも厳しいと言われることもあります。

結論からいうと、レイクのカードローンは大手消費者金融の中では少し厳しいカードローンです。

レイクを運営する新生フィナンシャルグループでは、長い間銀行カードローンを運営してきたとあって、その名残からか審査が厳しめであると考えられます。

ですが厳しいといっても、他社カードローンと比べて申込条件が複雑であったり、ハードルが高いということはないので安心してください。

またレイクは無利息期間が選べるなど他社にはないサービスも充実しているので、利息を節約しつつお金を借りたい人は、ぜひレイクを検討してみてください。

もしレイクの審査に落ちてしまったら、信用情報に記録が残ってしまい、今後のローン審査にも影響が及ぶので、審査に申し込む前に審査対策をしておきましょう。

今回はレイクの審査内容や審査基準をわかりやすく紹介します。

「審査に通るか不安」という人は、まずレイクの公式サイトから無料でできる「お借入診断」を試してみてください!

レイクの審査基準は他社に比べて甘いとは言えない

レイクの審査が、他のカードローンに比べて厳しいといえる理由は、審査通過率の低さです。

審査通過率とは、新規申込者のうち審査に通過した人の割合を示すもので「どれだけ審査に通りやすいか」の目安にもなります。

レイクと他社(アコム・プロミス)の審査通過率を比べたものが、つぎの表です。

消費者金融の審査通過率

消費者金融 審査通過率
プロミス 40.3%
アコム 39.8%
レイク 31.1%
SMBCモビット 非公開

※ 2022年4月~2023年3月の平均成約率(参照:SMBCコンシューマーファイナンス月次データアコムIR情報SBI新生銀行決算関連資料

レイクの審査通過率は31.1%、3人申し込んで1人が審査通過する割合ですね。

一方で他社の審査通過率は約40%と、申し込んだほぼ半数の人が審査通過と、レイクよりも高い割合です。

「審査通過率が高い=審査が甘い」と一概にはいえないものの、消費者金融業者の難易度を比較する際の目安になります。

審査において心配な点がある人は、レイク以外のカードローンを検討してもいいかもしれません。

ただし無利息期間などサービスに違いがあるので、よく確認してから申し込むようにしましょう。

レイクの審査内容は他社カードローンとほとんど同じ

「レイクの審査が甘くないということは、レイクの申込条件や審査内容が他社と異なるのでは?」と思う人がいるかもしれません。

ですがレイクの審査内容は、基本的に他のカードローンとほとんど同じです。

レイクで申し込みをすると、機械によって申込内容が確認され、その後本人確認、信用情報の照会などが行われます。

この流れは他の消費者金融に申し込みをしても同じです。

また、申込条件もレイクと他のカードローンで大きな違いはありません。

年齢が条件を満たしていて、安定した収入がある人は申し込みが可能です。

レイクの申込条件は満20歳~70歳の安定した収入がある人

レイクに申し込みができるのは、満20歳から満70歳の方までです。

未成年の方はカードローンの申し込みができないので、注意しましょう。

すでに働いていて安定した収入がある人でも、未成年の方の貸付はできません。

また、最高70歳まで申し込みが可能で、申込後は満71歳になった時点で新たな融資はできなくなります。

そしてレイクは、年齢のほかに「安定した収入」も申し込みの条件としています。

「安定した収入」というと会社員や公務員のことと思う人もいますが、アルバイトやパート、派遣社員として働いていて、毎月一定の収入がある人も申し込み可能です。

ここで注意しておきたいことは、「収入の高さではなく収入の安定さ」を審査している点。

たとえば毎月25万円の収入がある会社員と、先月200万円の収入があり、その前の月の収入が5万だった個人事業主(自営業)となら、収入が安定している会社員の方が審査に通りやすいということです。

さらに収入の安定性のチェックでは、勤続年数も重視されます。

たとえば転職して1ヶ月未満では、まだ新しい職場に定着していないため、収入の安定性にかけると判断されてしまいます。

転職1ヶ月未満の方は、可能であれば2~3ヶ月待って申し込むほうがよいでしょう。

一方で、個人の収入がまったくない専業主婦の人や無職の人は、レイクでの借入はできないので、要注意です。

オペレーター

年齢的に条件を満たしていて、毎月安定した収入があればレイクに申し込めますよ!

レイクは「申込内容」「提出書類」「信用情報」で審査する

レイクでは申込内容、提出書類、信用情報の3つをもって審査を行います。

この点も、アコムやアイフルといった他社カードローンと同じです。レイク申し込みに記入する内容は、以下のとおりです。

申し込みで記入する内容

個人情報 名前
生年月日
性別
婚姻状況
住所
同居人数
電話番号
勤務先・収入 有職・無職
雇用形態
勤務先社名
業種・職種
勤務先電話番号
従業員数
保険証の種類
勤続期間
給料日
手取り月収・税込年収
他社借入状況 他社借入件数
他社借入金額
免許証の有無

これらの情報をもとに、まずは機械によって貸付可能か、またはいくらまで貸付可能かが審査されます。

そして、レイクに提出した書類から本人で間違いがないか確認されます。

レイクの申し込みに必要な書類は以下のとおりです。

レイクの必要書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 顔写真付きの書類がなければ健康保険証
  • 外国籍の人は特別永住者証明書または在留カード

また、「レイクでの利用限度額の総額が50万円を超える場合」など収入証明書類の提出が必要な場合もあります。

この他申込方法によって必要な書類が変わってくるので、レイクに申し込む前によく確認しましょう。

オペレーター

必要書類の詳細は、「レイクの必要書類」の記事でくわしく紹介しています。

そして最後に、個人信用情報で今までのローン利用状況が審査されます。

今現在レイク以外でお金を借りている人は、個人信用情報からその利用状況が確認されるので、申し込みのときに「他社借入がない」と記入しても、レイクにバレてしまうわけです。

また過去に返済を滞納していたような記録が残っている場合、レイクの審査にも悪い影響を及ぼす可能性があります。

逆にこれまでローンを組んだことがあり、延滞することなくきちんと返済していた記録が残っていれば、レイクも安心してお金を貸せるので、審査に有利となるでしょう。

レイクの甘くない審査に通るための対策

レイクの審査内容が他社カードローンとほとんど変わらないにも関わらず、審査通過率が低いということは、レイクの審査基準が他社に比べて厳しく設定されていると考えられます。

ただ残念ながら、レイクは審査基準の詳細を公開していないため、審査に通る基準をあらかじめ知ることはできません。

「審査基準がわからないと、審査の対策ができないのでは?」と思った人のために、ここではレイクの審査基準がわからなくてもできる審査の対策を紹介します。

できるだけスムーズにレイクの審査を完了させるために、これから紹介する4つのことを実践してみてください。

レイクの審査に通るための対策

  • 間違いがないように慎重に審査申込の手続を進める
  • 希望限度額はできるだけ低めにして審査を申し込む
  • レイク以外のカードローンを同時申し込みしない
  • レイク以外の借り入れを完済してから申し込む

間違いがないように慎重に審査申込の手続を進める

審査申込で気をつけたいことは、間違いのないように入力することです。

名前の漢字間違いや電話番号の書き間違いは、審査状況の連絡を遅らせる原因にもなるため、十分気をつけましょう。

また他社借入金額や他社借入件数、借入希望額といった数字は、とくに要注意。

たとえば他社借入金額を一桁少なく書いていた場合、信用情報に残っている情報と大きく異なるため、審査に通らなくなる可能性があります。

そして一番に避けたいことは、意図的にウソの申告をすることです。

虚偽申告の例

  • 収入額を多めに申告する
  • 前の職場を申告する
  • 嘘の勤務先を申告する
  • 借り入れ件数や金額を少なく申告する

嘘の申告が発覚すると、今後レイクの利用が一切できなくなるなどリスクがあるため、絶対にやめましょう。

入力ミスがあった場合は、気づいた時点でレイクのフリーダイヤルに連絡してください。

先に連絡をして事情を伝えれば、審査への影響は少ないでしょう。

アコムの審査、入力間違いに注意

希望限度額はできるだけ低めにして審査を申し込む

借入希望金額が高くなると、その分審査も厳しくなります。

たとえば借入希望額が50万円を超える場合、本人確認書類だけでなく、収入証明書類の提出が求められます。

高額融資をする場合は、申込者の収入状況を確認し、無理なく返済ができるか審査する必要があるためです。

ですからレイクの審査をスムーズに完了させるなら、初回の希望限度額は50万円以下で、必要最小限の金額で申し込むことをオススメします。

最初は少しずつの借入となりますが、半年ほど返済に遅れなく利用を続ければ、優良顧客とみなされ、増額できるチャンスがあります。

オペレーター

レイクの増額の方法について、くわしく知りたい方は「レイク 増額」の記事をご覧ください。

レイク以外のカードローンを同時申し込みしない

お急ぎの場合レイク以外にも申し込みをして、早く審査に通ったカードローンでお金を借りようと考える人がいるかもしれません。

ですがレイクに申し込むとき、同時に他のカードローンに申し込みをしてしまうと、審査に通らなくなる可能性があるため、要注意です。

たとえばレイク以外にも、2社のカードローンを同時に申し込みをしたとしましょう。

個人の借入状況を記録した「個人信用情報」には、レイクとその他2社に申し込んだことが記録されます。

つまりレイクが申込者の信用情報を確認したとき、レイク以外にも申し込みをしたことが知られてしまう可能性があるのです。

レイクに他社でも申し込みをしたことが知られると、「かなりお金に困っている」「お金を貸してもスムーズに返済されないかも」と判断されて、審査落ちになるかもしれません。

またレイクだけでなく、一緒に申し込んだ他社カードローン審査にも悪影響を及ぼしかねません。

ですから、カードローンへの申し込みは1社ずつ行うようにしましょう。

レイク以外の借り入れを完済してから申し込む

もし今借入中のカードローンがあるなら、完済してからレイクに申し込むことをオススメします。

なぜなら他社借入件数や他社借入金額は、少ないほど審査に通りやすいからです。

ただ、現在借入がありつつもレイクへの申し込みを考えている人は、他のカードローンを完済してからお金を借りるのは、少し厳しいかもしれませんね。

もし他社のカードローンを完済するためにレイクに申し込もうとしているなら、レイクではなく、アイフルのおまとめ専用ローンや、金利の見直しができる楽天銀行スーパーローンに申し込むことをオススメします。

おまとめ専用ローンに借り換えると、返済先を一つにまとめられるだけでなく、毎月の返済負担を減らせるので、複数のカードローンからお金を借りている人におすすめです。

ちなみにおまとめ専用ローンは、完済することを目的としたローンなので、通常のカードローンのような追加借入はできません。

その代わり確実に返済ができるという点がメリットといえるでしょう。

楽天銀行スーパーローンは、おまとめ専用ではないので、限度額まで自由に借りたり返済したりできます。

楽天銀行スーパーローンの詳細を見る

レイクの審査にかかる時間と審査の流れ

レイクの審査内容が確認できたら、実際に申し込みをしてみましょう。

Webからレイクに申し込みをすると、最短15秒で仮審査の結果が表示されるので、Webから申し込むことをオススメします。

レイク Web申し込みから借入までの流れ

  1. レイク公式サイトから申し込み
  2. 仮審査結果の通知(最短15秒)
  3. 必要書類の提出
  4. 本審査
  5. 契約手続き
  6. 借入(最短25分)

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。

Web申し込みは、スマホやパソコンから24時間いつでも申し込めます。

審査結果のお知らせ時間は、8時10分~21時50分(第3日曜日は19時まで、年末年始除く)なので、最短即日融資を希望している人は21時50分までに審査回答がもらえるように申し込みをしましょう。

審査結果お知らせ時間外の申し込み分については、翌日の8時からメールか電話で連絡があります。

申込内容を記入する際は、表示された内容に従って、記入ミスがないように丁寧に入力していきましょう。

審査結果お知らせ時間内に申し込めば、申込後最短15秒で仮審査の結果(借入可能な金額)がわかります。

そのあとに必要書類や信用情報が確認され、問題がなければ契約手続きに移ります。

契約方法は以下の4つから都合のよい方法を選択しましょう。

レイクの契約方法

  • Web完結(郵送なし・スマート本人確認)
  • Web完結(郵送なし・口座登録で本人確認)
  • Web完結(郵送あり)
  • 自動契約機で契約

※Web完結(郵送なし)は、運転免許証の有無や使用しているスマホによって、契約画面でどちらかの方法が表示される

※スマート本人確認は運転免許証が必要

ローンカードが不要な場合は、Web完結(郵送なし)で契約すると、来店の必要もないのでオススメです。

ローンカードが必要な場合は、郵送で受け取ることもできますが、手元に届くまで時間がかかるので、近くにあるレイク対応の自動契約機で受け取るとよいでしょう。

自動契約機でローンカードを受け取れば、すぐに併設のATMまたはレイク提携先のコンビニATM等でお金を借りられます。

とくに問題なくスムーズに審査が終われば、申し込みから最短25分でお金を借りられるでしょう。

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。

オペレーター

レイクの審査時間を少なくする方法を紹介しているので、こちらも参考にしてください!

レイクの審査は甘くないけど申し込むべき理由

レイクの審査内容は他社カードローンと変わらないけれど、審査通過の基準が厳しいと紹介しました。

審査に不安がある場合は、レイク以外のカードローンを利用してもよいでしょう。

ただレイクは、初回申込者に対するサービスが充実しているので、審査に通りそうだと思った人は、ぜひ利用してみてください。

レイクに申し込むメリットは次の3つです。

レイクに申し込むべき理由

  • レイクは最短即日融資でお金が借りられる
  • 初めての契約者は60日と180日から無利息期間が選べる
  • 勤務先への在籍確認の電話を避けられる可能性がある

レイクは最短即日融資でお金が借りられる

レイクは土日祝日も即日融資が可能

レイクは、申し込む時間帯によって最短即日融資が可能です。

審査結果のお知らせ時間が、8時10分~21時50分(第3日曜日は19時まで、年末年始除く)なので、この時間内に審査結果が出るように申し込む必要があります。

レイクは申し込みから借入までの間に審査が行われるので、遅くても20時ごろには申し込みを済ませておきたいところ。

当日中に振り込んでもらうには、21時(日曜日は18時)までに契約手続きを終了する必要があるので、さらに早く申し込む方がよいかもしれません。

レイクに対応している自動契約機は、営業時間が22時までとなっているので、ローンカードの受け取りを希望する人もできるだけ余裕を持って申し込むことをオススメします。

またレイクは土日祝日も審査を行っているので、週末に最短即日融資を受けることも可能です。

ただし自動契約機でローンカードを受け取る場合、日曜日の営業時間が19時までとなっているので、注意しましょう。

オペレーター

「レイクの最短即日融資」の記事で、最短即日融資を受ける方法を詳しく紹介しています。

初めての利用者は60日と180日から無利息期間が選べる

レイクを初めて申し込む人は、決まった期間、無利息でお金を借りることができます。

レイクだけでなく、アコム、アイフル、プロミスでも無利息期間を設けていますが、都合に合わせて無利息期間が選べるのはレイクだけです。

レイクの無利息期間の詳細は次のとおりです。

60日間利息0円
【Web申し込み限定】
5万円まで180日間利息0円
無利息期間 初回契約翌日から60日間無利息 初回契約翌日から180日間無利息
5万円超分は通常金利適用
対象者 レイクを初めて契約した人
Web申し込みをした人
レイクを初めて契約した人
契約額 1万円~200万円まで 1万円~200万円まで
無利息期間後
の金利
12.0%〜18.0%(通常金利) 12.0%〜18.0%(通常金利)
無利息期間中
の返済日
あり あり

※自動契約機や電話での申し込みは「30日間無利息」または「5万円まで180日間無利息」から選択

※契約額が200万円超の方は30日間無利息

※「60日間利息0円」「5万円まで180日間無利息」「30日間無利息」の併用は不可

レイクの貸付条件を必ずご確認ください。

「60日間利息0円」「5万円まで180日間無利息」のどちらを選ぶ方がお得かは、借入金額や返済回数によって異なります。

レイクの公式サイトでシミュレーションができるので、ぜひ試してみてください。

勤務先への在籍確認の電話を避けられる可能性がある

多くの消費者金融では、申込者が本当に勤務先に在籍しているか確認するため、担当者が直接会社に電話をかけて在籍確認を行います。

ですがこの在籍確認の電話をきっかけに、会社の人にカードローン申し込みがバレてしまうのではないかと不安に思う人も多いです。

また、土日祝日は会社が休みのことも多く、電話がつながらないことで審査が進まないこともよくあります。

レイクは「必要な場合に在籍確認の電話を行う」としており、必ずしも在籍確認を行うわけではないようです。

もちろん高額融資を希望していたり、収入に対して希望額が高い場合、予定どおり返済されるかどうか不明な場合は、在籍確認が行われると考えておきましょう。

また在籍確認が行われるとしても、電話以外の方法での在籍確認に応じてくれる可能性があるので、レイクに相談してみるとよいでしょう。

オペレーター

在籍確認の詳細については、「レイクの在籍確認」の記事で詳しく紹介しています。

【まとめ】レイクの審査に通るか心配な人はお借入診断をしよう

レイクの審査内容や審査基準について紹介しました。

レイクの審査内容は他社カードローンと変わりませんが、審査に通る基準を高く設定している可能性があります。

他社のカードローンと比較すると、レイクの審査は厳しいようですが、基本的に審査が甘いカードローンはありません。

ですからカードローンに申し込む前に、どんなことを審査されるのかを把握して、事前に対策することが重要なのです。

もしレイク以外のカードローンを借入中であったり、収入が少なくて審査に通るか心配であるという人は、レイクの公式サイトから無料でできる「お借入診断」をしてみましょう。

生年月日、本人年収、他社からの借入件数、現在の他社借入金額の4つを入力すれば、すぐに診断結果が表示されます。

「融資できる可能性がございます。」と表示されたら、実際の審査に通る可能性があるので、申し込んでみてもよいでしょう。

入力した内容では審査結果が判断できない場合は、「ご入力いただいた情報ではお借入れ可能か判断できませんでした。」と表示されるので、慎重に申し込みをしましょう。

※「お借入診断」は実際の審査結果と異なる可能性があるので、注意してください。


レイクの貸付条件

レイクの貸付条件