BOWJAPAN フランス映画社」

現代の映画界の中で最高の映画監督として必ず挙げられる第一人者、アンゲロプロスの作品「エレニの旅」

ひとりのギリシャ人女性、エレニの生き様を通し、「戦争と難民の時代」であった20世紀を描いた壮大な歴史大作で完璧な構図と完成度の高い映像美にうっとりとさせられる。

エレニが決められた結婚を拒絶し、恋人と駆け落ちする女性が、先々で国の歴史に翻弄されていくという、監督の他作品にも共通の神話的な意味合いを感じさせる物語だ。